冬に使いたいファンデーション

ファンデーションはドライしやすい冬場にこそ粘りたい化粧品です。
ファンデーションの規格はメーキャップのビートと保ちを著しく左右します。
良いファンデーションを調べる事が出来れば、そのほかのアイテムの良さを最大限に活かし、ワンデイメーキャップ崩れの心配のない生活を送る事が出来ます。
冬のお肌の天敵は何と言ってもドライです。
白々しい風に吹かれても表皮の水気を逃がしてカサカサの表皮にはなりたくないものです。
寒い季節にはやり方がカサカサになりますが、一日中露出してある面持の表皮も同じようにドライしやすい時期が冬場なのです。

 

ボクは夏季のファンデーションにはひずみにくさをUVスキームを重視していますが、冬のファンデーションには保湿用途を重視してある。
保湿といっても効果はピンきりで、塗ってすぐは潤うけれど、時間がたつと作用が一気に消えてしまう製品もあります。
水気というよりはべたつき、という製品もあります。
出来れば美液という元で出来ている、表皮の角質を安定させる効果のあるセラミドが配合されたファンデーションがベストだとボクは考えています。

 

無論、冬のUVスキームも軽蔑できるわけではありません。
スノーに返照したサンシャインはたまに夏季よりも強力だったり行なう。
ちゃんとUV効果のあるファンデーションとパウダーを併用するようにしています。